腰椎椎間板ヘルニアの治療に役立つ情報~ヘルヘルヘルニアの痛み~

人気の鍼灸治療の往診

即効性があります

病院

力学的な理由から、腰部は負担が大きい部分なので、腰痛を起こすことが、しばしば問題になります。このような腰痛のなかでも、とくに発生頻度が高いのが、筋筋膜性タイプになります。腰の筋肉は、上体を引き起こす際に、吊り上げるように働きますので、大きな力を発揮します。その結果として、筋肉の線維や筋膜に損傷が発生して、炎症が起こることで痛みが発生するのです。こうした筋筋膜性タイプの腰痛の治療法として、人気を獲得しているのが、鍼灸治療になります。鍼灸治療は、筋肉を覆う筋膜を、低い侵襲性でありながら、簡単に破ることが出来るのです。そのため、筋筋膜性タイプの腰痛に鍼灸治療を行うと、痛みに即効性があるために、人気があるのです。

往診が増えます

こうした鍼灸治療は、一般的には鍼灸院に通院することで、はじめて治療を受けることが出来ます。しかし、現在は高齢化社会であるために、鍼灸院を通院出来ないケースも、珍しくはありません。例えば、高齢者に多発する、脳梗塞などの脳血管障害を発症すると、後遺症が残ることがあります。なかでも、下肢の麻痺が後遺症として残ると、自立しての歩行が出来なくなることが存在するのです。そうした下肢の問題などから、鍼灸院に通院出来ない人には、往診が行われることがあります。特に腰痛症は、鍼灸治療の健康保険の適応疾患の一つとして、正式に認められているのです。したがって、今後は健康保険を用いた腰痛の往診が、増えることが予測されます。

Copyright ©2015 腰椎椎間板ヘルニアの治療に役立つ情報~ヘルヘルヘルニアの痛み~ All Rights Reserved.